スーパーアスリート LS(1995)

●メーカー:ミズノ ●発売年:1995年
●定価:\18,500
●キーワード:バイオフィッティングベルト、フルナイロンプレート(1枚成型)、フランキー・フレデリクス

画像


1995年に「スーパーアスリート SR」と2枚看板で発売されたスパイク。「SR」がデニス・ミッチェル・モデルで100m等のショートスプリントに向いていたのに対し、この「SR」はフランキー・フレデリクスモデルで、200~400mにも対応していた模様。
1992年、1994年に発売された「スーパーアスリートLX」の系譜を継ぐモデルで、1枚成型のプレート。変わったところは足首付近に「バイオフィッティグベルト」が装着されており、シューレースを結んだ後、よりフィット感を調整できた点。これがあるお陰で、シューレースがほどける心配もなくなるし、なかなかありがたい機能であった。要は単なるマジックテープであり、「えらい格好いい名前付けたな~」と当時思いました。もともと、投擲用のシューズではマジックテープは珍しくなかったのですが、スプリント用スパイクでは(少なくとも私にとっては)初見であり、新鮮に映りました(それ以前にもあったらすみません、、勉強不足です)。翌年、シューレースなし、マジックテープだけの「サイバーゼロ」がアシックスから出たのは興味深いですね。

↓参考画像「スローイングAR」(1992年の陸マガより)。投擲選手の登竜門的スパイクでマジックテープ仕様
画像


この年のスパイク市場は、アシックスが新規プレートの「スープラマックス」、「アスペオ」の計4モデルを投入したのと比べると、ややミズノはおとなしいマイナーチェンジのイメージを持ちました。しかしこのモデルを提供したフレデリクス氏との研究データから、現在にも続く超名品「クロノインクス」が開発されていたため、フレデリクス氏の信頼を維持するのに重要な役を担ったモデルなのでしょうね。
初代インクスもこの「LS」同様、マジックテープ仕様でしたし、フレデリクス氏が気に入っていたのかもしれませんね。

以下、おまけですが、フレデリクス氏が本スパイクを履いた広告を掲載しておきます。(画質がひどい点はご容赦ください。。)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック