エア ズーム LWP(1994年年末)

●メーカー:ナイキ ●発売年:1994年年末~1995年年初
●定価:\11,000 ●キーワード:ズーム エア、LWP、ズームシリーズの元祖

画像

1994年の末から翌年の初め頃発売したシューズ。LWPとは「Light Weight Performance」の略。薄型のエアユニット、「テンションエア」を積んだ「エア トリーク」兄弟とは同時期発売。これも「テンションエア」を積んでいたが、しばらくしてそのユニットは「ズーム エア」と改称された。このモデルはズーム エアを前足部に配置、ソールが薄く出来、ミッドソール部分もくり抜かれていたから名前の通りの「軽さ」と「屈曲性」を実現。アッパーはハラチライトのようにそれ自体が足袋のような構造。これまでクッション性(エア)とフィット感(ハラチとか)に注目が行きがちなナイキのイメージから脱却するような、スピード練習にも対応する「ハイパフォーマンスモデル」だった。陸マガにはこのシューズ専用の広告も載っていたし、メーカー側も結構注力していたに違いない。

このシューズの評価は(あくまで主観)、アッパーがペラくて耐久性が心配になる感じだったけど、僕は好きだったんですよ。走るときに横ぶれしそうだけど、軽いしこれまでのナイキの靴と比較すると走りやすい(エア ストリーク兄弟は除く)。デザインも初めて見たときは「おお!すげぇ格好いい!」と思った。他社にはまねできないデザインでスウォッシュはサイドに大きく配置されてないのに、一目でナイキと想像がつく。値段もそこまで高くない。これ欲しいなぁ!ってことを当時の彼女に言ったら黙った後、「紫があまり好きじゃないから、、」とお茶を濁されたので、デザインは好き嫌いあるんでしょうけど、このデザイン好きだったなぁ。特にレディースカラーの赤い差し色の入ったモデルなんか相当ツボだった(しばらくして白ベースのセカンドカラーが発売されたが、それはからっきし気に入らず、デザインとカラーって密接に関わっているんだなぁ、って思わされた)。
なお、このシューズの名称の一部、「ズーム」を冠したモデルは「エア ズーム スピリドン」や「エアズーム アルファ」、バッシュなら「エアズーム フライト」のように傑作や佳作がその後次々リリースされた。今でもズーム系のシューズはどんどん出ているもんね。その点でも新しい一歩を踏み出したシューズと言えるでしょう。
このシューズを履いて、トラックを走ってみてーなぁ、、筆者のあこがれの強いモデルです。絶対に再版されないシューズだと思うけど、ときどきオークションで検索してます。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック