モンドエリート(1993)

●メーカー:ミズノ ●発売年:1993年
●定価:\11,800
●キーワード:トランスパワーシステム

画像


1991年にタッグを組んでいたカール・ルイスが100mで世界記録を樹立し、国際的にも評価を高めていた
ランバード(ミズノ)1993年にが発売した世界戦略モデル。
ミッドソールがくりぬかれていたので軽量化が図られておりました。
かかと部分には、今は亡き?「トランスパワー」なるシステムが配置され、クッショニングと
反発を両立させていた。
これまで国産メーカーはレーシングシューズはガツガツ出していたけど(ターサーとかGXとか)
スプリントトレーニングにも応用できる軽量アップシューズは少なかったので結構斬新に思った。
ミズノのランニングシューズにしては非常に華やかなデザインで、
実際海外で履いていた選手も多かった模様。
翌年には「モンドエリート2」がリリースされたので、セールスはそこそこ成功したのではないでしょうか。
結構あこがれたシューズでした。

しかし、同じ仕様でデザインがシンプルな「モンドクラブ」なるシューズも同時発売。
格好良さを負わなければ、「モンドクラブ」のほうが安く、デザイン料が高くついたシューズだなぁ、、
って当時思いました。
画像


ちなみに「モンド」シリーズはその後もいろいろなシューズが出ましたが
(少なくともデザインは)初代にして最高傑作、これ以降のシューズはどんどんデザインが
地味になっていった。。残念。

"モンドエリート(1993)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント